ヒプノセラピーの前世療法を使った、妊活前世~雲の上で順番待ちしている赤ちゃんたちに会いに行くセッション。

お客様の許可を得て、ご紹介する3回目。

今まで自分のことを後回しに。いざとなったら赤ちゃんができるのかと不安に思うTさん。

Tさんはまだ結婚されていませんが、いずれ赤ちゃんを!と思っていらっしゃいます。

さっそく行ってみましょう。

いつものように
事前カウンセリングを終えたら
ベットに横になり、照明を暗く。
私の言葉に従いリラックス。深い催眠に。
安全な場所を確保したら、赤ちゃんたちがいる場所へ。
*********************

③Tさんのセッション

そこは雲がいっぱいの涼しい場所。

赤ちゃんが20~30人、おむつして、はいはいして遊んでいる。
みんな楽しそうに上を向いて笑っています。
近くには頭に輪っかのある大人の天使が2~3人います。

Tさんのそばにいる赤ちゃんに話しかけました。
Tさん:どういうお母さんのところに行きたいの?

赤ちゃん:明るい人がいい。のびのび育ててくれそうな人。
のんびりしたお父さんとお母さんがいい。
できれば森の中、自然の中でのびのび育ててほしい。
Tさんはうーん、うちのことじゃないみたいだなあ・・ほかの赤ちゃんにも聞いてみたいとおっしゃいました。
近くにいる2人目の赤ちゃんに話しかけました。
その赤ちゃんは寝っころがっていて、表情は理知的な感じがします。

T:どういうお母さんのところに行きたいの?

赤:静かな環境でしっかり勉強させてくれるお母さんがいい。
勉強したいからちゃんと部屋を一つほしい。
自分の考えに没頭したいから、できるだけほっといてくれるお母さん。
できれば都会に住んでいたい。いろんな勉強できるし、いろんな人が研究しているようなところ。
あと、できればあったかくて静かで穏やかでゆったりしてるところがいいな。

セラピスト:Tさんはどんなふうに見えますか?

赤:穏やかそう。でもちょっと口うるさいところがありそうだなあ。
あなたはこれからどうしていきたいのかな?

T:子供といろんなところに行って、いろんなものを見て過ごしたい。
だから今回は違うかも・・

赤:今度は動きたくないんだ。前回(前世)船乗りであちこち行って感覚重視。 今度は一か所に落ち着いて深めていきたい。
楽しそうだね。でも今回は方向違いな感じがします。
もう一人、聞いてみたいです。

目がパッチリしたにっこり笑っているかわいい感じの多分女の子に話しかけました。

T:どういうお母さんのところに行きたいの?

赤:優しい人がいい。今回は冒険したい。前回(前世)は狭い町に閉じ込められていたみたいで窮屈だったから。いろんな国に行って、いろんな人と会って楽しみたい。

T:いい感じ!

赤:今回は自立するのがテーマ。

セラピスト:前回ってどういうこと?

赤:前にいた家族のところに戻るんだ。
何世代か後の人生。気になること、やり残したこと、その家ならではのことがあると同じ家系に戻るんだよ。

セラピスト:Tさんのことをどう思いますか?

赤:ちゃんと自立させてくれそう。女性としてだれかに依存しないで一人でも生きていけそう。

セラピスト:どうやってお母さんに入るの?

赤:お母さんに子供ができたら入るんだよ。お母さんとタイミングを合わせるの。

セラピスト:近くにいる天使の役割は何?

赤:子守。順番を待ってる私たちの話相手や喧嘩の仲裁をするの。

Tさん:私のところに来てくれるのかな?

赤:行ってみたいと思う。まだパパが準備できてないから、出会えてないから、縁があったらね。明るくしていればいいよ。

**********************
赤ちゃん3人目でTさんの考えと一致した赤ちゃんが現れました。

すごく合ってる感じがして、聞いている私も感動しました。

みんなそれぞれに個性があって、要望もあって、何をするために生まれるのかちゃんとわかっているんですね。

また、「気になること、やり残したこと、その家ならではのことがあると同じ家系に戻る」・・そんな話もしていましたね。

とてもとても興味深いです。

そんな体験をされたTさんの感想は次回。お楽しみに♪