こんにちは。 アロマヒプノセラピストの田島菜穂子です。

そういえば、前回に引き続き、顕在意識と潜在意識の話。前回の記事を読む

自分を変える=無意識を書き換える方法は3つ。

●アクシデント(事件や事故に巻き込まれる)で どーんと入ってくる 東日本大震災を思い出せばすぐわかると思います。 東京でも新宿の高層ビルにお勤めの方がエレベータに乗れなくなったとか すぐに辞められるようなお仕事の方が高層ビルの高層階が怖くて職場を変えたなど(当初は派遣でも結構あったみたいですよ)。 大丈夫だと頭でわかっていても、エレベータに乗れない。 こういう場合はトラウマを増やすことが多いです。

例:白い車が苦手 ⇒ 見るとドキッとする⇒ あまり記憶がないけれどどうやら子供のころ白い車にはねられたことがあるらしい

 

 

●繰り返し反復すること 潜在意識(無意識)の浅い部分にある前意識に入ります。

自転車の乗り方、車の運転方法など、運動系の例がわかりやすいですよね。 また、夢を達成するためには繰り返し反復するのが重要になります。 でもお勉強以外のことはただ繰り返すだけではだめなんです。 心理的なものはなかなかクリアできません ⇒催眠療法が有効です。

 

●催眠療法でクリティカルファカルティ(膜)が破れる

催眠療法を施すと覚えてないことが出てきます。 しかもその時に必要な部分が出てきます。

 

3つ目の催眠療法ってなんだか怪しい・・って思いますよね? 実は私もそう思っていました。 でも私の「超あがり症」の原因は、どう考えてもこの領域にあるんじゃないかと思ったので、催眠療法を受けてみたんです。

その前にまず自己暗示かな?と思いました。 毎晩声を出して成功する成功するって暗示をかけました。 実際これもいいんですが、私には時間がなかった。 1週間後には2時間の講義をしなきゃならなかった。 そこでそれこそエイヤーと 催眠療法=ヒプノセラピーを受けたのです。 この話は長くなるので、次回。 結論だけ先に書きますね。 無意識の書き換えることができる催眠療法=ヒプノセラピー。 ヒプノセラピーは直接本人の無意識と会話ができる。 カードリーディングはカードを通しているが、 ヒプノセラピーはその人に直接聞くから効果が高い。 納得です。 1回で超あがり症を克服しました!