こんにちは。アロマヒプノセラピストの田島菜穂子です。
前回の書き換え3つの方法の続き。

催眠状態ってどんな状態か。
それは

起きてる状態と眠ってる状態のちょうど中間。
・寝る前のアクビが出るような時

・寝起きのぼんやりとしてる時
がちょうど催眠状態なんです。
だけど、実は1日に平均して十数回も自然とこの状態になってるらしいですよ。
例えば、ぼんやり考え事してる時、夢中になって周りの音が入らない時など。
ヒプノセラピーでは、
セラピストが誘導してその状態を作ってあげます。
まずはリラックス。その後集中力を高める。
受けている人は自分が催眠状態になってるとは気づかないで、話したいことを話し、嫌なことは嫌と言えます。
その状態にいると、潜在意識の記憶を引き出すことができるし、書き換えることができるのです。