こんにちは。田島菜穂子です。
ヒプノセラピーのセッションをやっていて多いお悩みは、
●自信がない
●人の目が気になる
かなあ。
これ、自分でなんとかする方法があるんです。
これはね、考え方のくせなんだ。
例えば
人の目が気になる
具体的にそう思った最近の出来事は?

会社の上司がしかめっ面して話すんです

私、仕事出来ない人って思われてる?
なんかやっちゃった?あーモヤモヤする

モヤモヤしてるけど、上司には何も気づかないフリする

なんか疲れる…
と思ったとします。
この時、3つのことが起きています。
そして、いつも同じようなパターンを繰り返し、なんだか疲れるという悪循環にハマります。
・「上司がしかめっ面して話す」という状況
・「なんかやっちゃった?」という考え・思考
・モヤモヤする、体が重い…という感情と体の反応
これらを分けて考えます。
一つの出来事に対して、自分がどう考えて(思考)、どう感じているか(感情)。
これを分けて考えるのです。
状況は、上司がしかめっ面して話す。
まず
❶あなたはなんかやっちゃった?って思ったけど、考えてみて。本当になんかやっちゃった?
事実

いくら考えてもやっちゃったことはない
あーあれかな?でももう解決してるからこれじゃないか。
❷やっちゃってなかったとしたら、向こうに問題はない?上司がしかめっ面する理由が他にないかな?他の考え方
上司は頭痛や歯痛などの体調不良だった

上司は全く別のことで不機嫌だった
etc…
❸友達に同じ悩みを言われたらなんてアドバイスする?

 

やっちゃってないなら、気にすることないんじゃない?
❹実際、何回顔色を見たうち、しかめっ面をしてるのは何回?
10回見たとしたら1回くらいかな。

⇒あれ?案外少ないね。私の思いすごしかなー。

⇒気にすることないなー。
こうやって客観的に分析するのです。
これはね、表にして書いていくといいんだよ。
状況、考えや思考、感情や体の反応、事実、他の考え方、他人へのアドバイス
表を埋めていくの。

 

人は誰でも、相手が何を考えているかわからない状況、曖昧な状況になると、特に考え方が偏りがちになるのです。
そうかどうかもわからないのに勝手に悪い方に考えていくクセを修正する方法なんです。
そういうことに慣れていくとね、
自分に自信を持てるようになるの。

楽にもっと生活できる方法だよね!

でもこれはただのポジティブシンキングではないんだよ。
ポジティブな考えにしよう、しよう…そう考えれば考えるほど、
そうじゃないと思ってしまう自分がいるから、結局元に戻ってしまう。
だから、一つ一つの根拠を明確にしていくんです。
そうすることで、自分が納得するんだ。
頭で考えるより、紙に書いた方がいいよ。
そして、読み上げるの。
そうするうちに紙に書かなくても、自動的にやれるようになるから。
ここで問題だったのは、
状況に対してどう捉えて(認知)、
瞬間的に浮かんでくる考え・思考。
自動的に考えるから「自動思考」と心理学ではいいます。解釈のクセ。
よくあるのが、
・白黒ハッキリさせたい。全か無か、といった両極端に考える完璧主義。
・その状況が永遠に続くと考える
・全体見ずに否定的な一部にこだわる
・先読みしすぎ
・自分が感じたことはそれが事実に違いないと思い込む
・自分や人に「~べきだ」という一方的な考え
といった考え方のパターンです。
本当にそうですか?何か根拠はありますか?って修正して行きましょう。

それをやっても難しいかたは、どうしてそこを修正できないのか、その考え方に縛られるのかをヒプノセラピーで見て行きましょうね。

ここには過去の記憶が関わってるのだ。
続きは次回。